業態発想はなぜ必要なのか|新規開業・開店|飲食店開業や経営のご相談は飲食店コンサルティングの「コロンブスのたまご」

メニュー
電話

お電話でのご相談はこちらから

03-5436-8908

ホーム > 飲食店ノウハウ集 > 新規開業・開店 > 業態発想はなぜ必要なのか

飲食店の開業ノウハウ集

これから飲食店を開業する方や飲食での独立をお考えの方必見!飲食ビジネスの基本から目からうろこの新常識まで、開業を成功させるための極意をお教えします

新規開業・開店新規開業・開店

「業態発想はなぜ必要なのか」

業種よりも業態をよく考えよう。

一般に、個人経営の飲食店(個店)の場合、業態発想が希薄なケースが目につきます。新規オープンの時も同じで、○○屋をやりたい、××屋をやれば成功の確率が高いのかなど、業種意識ばかりが先に立ってしまうのです。

もちろん業種も大切です。経営者としても、儲かるならどんな業種でも構わない、などという事はあり得ないはずです。 しかし、飲食店を確実に成功させるためには、業種よりも大切なことがあります。それが「業態」なのです。

飲食店の業態別開業のポイントはこちら

業態とはお客様の利用動機への対応の仕方

業態とは、お客の利用動機への対応の仕方のことです。 業態の基本的な構成要素は
・主力商品(業種)
・お客の利用動機
・主な客層
・営業時間
・出店立地
・売り方のスタイルや演出
・価格設定
の7つですが、これらのなかで最も大切な要素が価格です。

なぜなら、お客がお店を選ぶときの最大のポイントは価格(予算)だからです。そして、その予算を決めるのは、その時その時の利用動機です。予算を無視した消費行動をアテにするのはバクチと同じことですから、経営の確実性を高めるにはまずこの価格設定を綿密に行う必要があるわけです。

たとえば、和食店という業種は、客単価千円以下から1万円以上まで、あらゆる利用動機をカバーしています。非常に幅が広いのです。したがって、ターゲットとする利用動機と価格の設定なしには、メニュー構成も商品開発も出来なくなってしまうはずなのです。 業態発想が希薄なままメニューを決めているお店は少なくありません(現実に大多数の飲食店がそうです)が、そのメニューおよびお店作りからは、どんな利用をして欲しいかというアピールが感じられません。その結果、お客にとって魅力のないお店になってしまうのです。 飲食店経営はビジネスです。であれば、お客の支持はたまたまではなく、必然の結果でなければなりません。

飲食店のノウハウを学べるセミナー人気

43年、3,000 店舗以上の飲食店指導実績の「コロンブスのたまご」が開催する、
飲食店繁盛と繁盛の継続ノウハウを学べるセミナー&勉強会

日本フードアドバイザー協会認定

飲食店経営の認定資格講座人気

自分に投資する講座

気づきましょう!行動しましょう!“自分”に投資をしましょう!
まず“自分”すべてここから始まります!
経営は“自分が商品” 経営は“自己責任”

飲食店開業プランナー講座 飲食店経営プランナー講座 飲食店レシピプランナー講座
テーマ別にセミナー形式

飲食店向け繁盛セミナー

飲食店向け開業セミナー

これから飲食店を開業したい方や、すでに飲食店を開業しているがもっと繁盛させたい方を対象としたセミナーで伝授いたします。

飲食店向け開業セミナーについて

43年、3,000 店舗以上日本一の飲食店指導実績!コロンブスのたまごのコンサルティングサービス一覧
コンサルティングサービス

シミュレーションしてみよう

飲食店開業資金シミュレーション 飲食店運営収支シミュレーション 飲食店開業資金シミュレーション 飲食店運営収支シミュレーション
PC版を表示する
SP版を表示する

TOPに戻る

お電話でのご相談はこちらから

03-5436-8908 月~金 10:00~17:00 (土~15:30)

飲食店の開業や経営の困りごとについて無料相談実施中!

飲食店開業・経営に関する無料相談

サービスに関する問い合わせや資料請求はこちら

資料請求・お問い合わせ
無料相談 お問い合わせ